ドロップを3個以下で消せなくなるリーダースキルを活用すると、76盤面の2色陣でL字を作れる個数が増やせます。

通常はL字が6個までしか作れませんが、最大8個まで作れるようになります。

急いで作ったので、L字の数などに不備があるかもしれません。間違いが見つかり次第、修正します。

基本形

どの配置も基本的に同じ形なので、ドロップの数に関係なく途中までは同じ組み方をします。

少ない方の色を見て、左下に3個ならべたら、隣の4列で左上と右下に2つのL字を作ります。(下図の場合、光を見て組みます)

この基本形を組んだ時点でL字が5個ですが、残りの部分でドロップの余った数に応じて、適切な場所に配置するとL字の数が8個まで増やせます。

4個以上消し制限での76盤面2色陣のL字配置

配置は20:22の理想形をベースにして、ドロップの過不足があった時はなるべくL字を減らさないように位置を変えています。

17:25、18:24の配置 (6L字)

18の時はドロップが1つ余るので、右下で適当な場所においてください。(2wayは作れます)

19:23の配置 (7L字)

20:22の配置 (8L字)

ドロップ数が20:22の時に理想的な配置が作れます。他のドロップ数の配置はこの形をベースにして、なるべくL字が減らないように変えています。

21:21の配置 (8L字)

22:20、23:19の配置 (7L字)

理想形で作れていた右上のL字を諦めて、3個の過剰ドロップを配置しています。

24:18の配置 (6L字)

(参考) 平積みからの組み換え

基本形の部分を平積みから組み換えで作りたい場合、下図のルートを参考にしてください。(20手)

残りの部分は余ったドロップの数で配置が変わるので、臨機応変に組むことになりますが、残りの部分で少ない色を見ると組みやすいでしょう。(少ないと思っていた色が多すぎた時は見る色を切り替える)

関連記事

76盤面2色陣 L字消し(2色複数)の配置と作り方
3個消しが有効な状態でのL字配置です。(最大6L字に減ります)