76盤面の2色陣で、2色のL字をなるべく多く作る配置を紹介します。配置のパターンは決まっているので、基本となる形だけ覚えてしまえばそのまま組むことができます。

配置を覚えたくない場合は、平積みからの組み換えで作る方法もあり、その方法はいせえびさん(@iseebi_PAD)が動画を投稿していますので、そちらを参考にするといいでしょう。(「参考動画」にリンクがあります)

ランキングダンジョンに消し方ボーナスが追加され、オータムスペシャル杯(2018/10/15~)で必要となりましたが今後も使う可能性はあるので、こういう配置があることだけでも覚えておくといいでしょう。(1色のL字を多く作りたい場合は別の配置になります)

組み換えなしで配置をそのまま組む方法

今回、紹介するパズルの組み方は平積みと同じようにドロップの数を気にせず、端から順番に組めるタイプのものです。

この組み方を覚える上で重要なのは端から縦5列でL字を合計4個作る配置を知ることなので、この記事では最初にドロップに偏りがない21:21の盤面を例に説明します。

残りの2列に関しては、さらに2個のL字を作れますが、基本形だけ知っていればここは自然と作れます。ただし、L字の待ちを作ることもできるので、パズルが上手い方は残りの2列の組み方にもこだわるといいでしょう。

21:21での配置(基本形)

この組み方でパズルをする場合は、まずは以下の形を目指して左から順番に組んでいきます。

(よく見かける配置を少し変えて、落ちコンの待ちができるようにしてあります。落ちコンを避けたい場合、左上、左下にある火のL字2つを両方ピラミッド型にするか両方鉤型にしてください。)

この形では、左側5列でL字が4個できていますが、少ない色のドロップが15個以上あれば赤枠の部分は作れるのでたいていの場合はこの部分は作れます。(確率は推定97%で、ドロップの色分けが最低3個確定、残り半々として計算してます)

残った右側2列で、ドロップの偏りが少なければさらに2つのL字が組めます。21:21で偏りがなかった場合は、以下の配置で右側にL字の待ちも作れます。


組み方のポイント

人によってやり方には差があると思いますが、参考として自分のやり方を簡単に紹介します。

まず、最初に左側4列を組む時は少ない方の色を見て、順番に形ができるように寄せていきます。

ここまで組めたらすぐに視点を切り替えて、平積みを作り以下の形まで組みます。

残りの2列は余りのドロップ数によって変わるため少し迷ってしまう所ですが、片方の色が少なければその色を見て、以下の配置にくるように運ぶといいでしょう。

偏りが少ない場合は、基本形の配置ができるように右上に小さいL字を上に組むように動かします。

17:25~20:22の配置

最後の2列で少ない方のドロップを見て、2~5個余った場合の配置例を紹介します。余ったドロップが逆の色だった場合は、上下反転した位置に置けば大丈夫です。

L字の待ちを作る所までこだわりたい方は参考にしてください。

17:25、18:24の配置(L字×5)

ドロップが2個余るとL字が1個組めます。3個余った場合は残り1つを繋がらないように適当な場所に置きます。

19:23、20:22の配置(L字×6、待ち×1)

ドロップが4個余るとL字が2個組めます。

21:21の配置(L字×6、待ち×1)

参考動画(平積みから組み換える方法)

作者のいせえびさんから許可を頂けましたので、リンクを掲載しています。